So-net無料ブログ作成
検索選択

近代フランスの歴史学と歴史家 [歴史学]

近代フランスの歴史学と歴史家 商品副データクリオとナショナリズムMinerva西洋史ライブラリー渡辺和行ミネルヴァ書房この著者の新着メールを登録する発行年月:2009年11月登録情報サイズ:全集・双書ページ数:446,ISBN:9784623055326【内容情報】(「BOOKデータベースより)本書は、主に政争の具とされてきた歴史が、アカデミックな歴史学としていかにして成立したのか(科学化)、また、高等・中等教育の改革や歴史学講座新設に尽力した歴史家たちが、大学やグランド・ゼコール等の教育機関の歴史講座をどのように領有していったのか(制度化)、さらに、歴史教育がいかに国民形成に関与(国民化)し、第三共和政に支配の正当性を付与したのかを解明する。19世紀後半、フランス第三共和政前期に焦点を当てつつ、教育史や科学史の成果を取り入れ歴史を描いた知の社会史。国民形成への「ナショナル・ヒストリー」も含めて論じる。【目次】(「BOOK」データベースより)政治史から社会史へ/第1部,,,歴史学の科学化と制度化(一九世紀フランスの高等教育の実態/教育改革の序曲/フランス実証主義史学の成立/高等教育改革と歴史家)/第2部,,,世紀転換期フランスの方法論争(実証主義史学への挑戦/『アナール』の揺りかご)/第3部,,,歴史学の国民化(義務の共和国/クリオとエロイカ/ガリアの英雄とナショナル・アイデンティティ/ドレフュス事件と歴史家)/歴史学の現在【著者情報】(「BOOK」データベースより)渡辺和行(ワタナベカズユキ)1952年岐阜県生まれ。1978年京都大学法学部卒業。1983年京都大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得退学。博士(法学)。現在、奈良女子大学文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。本,,,,,gt,,,,人文・思想・社会,,gt, 歴史,,gt, 世界史 詳しくはこちら


nice!(22) 

歴史学と精神分析 [歴史学]

歴史学と精神分析 商品副データフロイトの方法的有効性岩波モダンクラシックスピーター・ゲー/成田篤彦(1940ー)岩波書店この著者の新着メールを登録する発行年月:2005年07月登録情報サイズ:全集・双書ページ数:302pISBN:9784000271394この商品の関連ジャンルです。本,,,,,gt,,,,人文・思想・社会,,gt, 歴史,,gt, 世界史 詳しくはこちら


nice!(0) 

20世紀の歴史学 [歴史学]

20世紀の歴史学 ゲオルク・G.イッガース/早島瑛晃洋書房この著者の新着メールを登録する発行年月:1996年05月登録情報サイズ:単行本ページ数:155,ISBN:9784771008359【内容情報】(「BOOKデータベースより)本書の対象は、20世紀の歴史研究と歴史叙述における主な潮流と問題点である。執筆のきっかけは、1990年4月、フィラデルフィア哲学財団で行われた「理性と歴史」に関するロツェク・コラコフスキとの対話である。この対話で著者は「啓蒙主義には、歴史との科学的な取り組みは可能であり、学問は解放的な役割をもつ、との考え方があるが、これは、ポストモダンの思想が歴史の一貫性だけではなく、人間の思考の一貫性そのものを根底から否定した現在でも有効か否か」の問題を論じた。著者が当時とくに関心をもっていたのは、ポストモダンの時代における歴史思想の役割である。本書の内容は、すべてではないが、この問題関心に規定されている。【目次】(「BOOK」データベースより)第1部古典的な歴史主義から分析的な社会科学としての歴史学へ/第2部歴史社会科学から「言語論的転回」へ―最近20年の歴史理論と歴史叙述この商品の関連ジャンルです。本,,,,,gt,,,,人文・思想・社会,,gt, 歴史,,gt, 世界史 詳しくはこちら


nice!(0) 

地理学と歴史学 [歴史学]

地理学と歴史学 商品副データ分断への架け橋アラン・R.H.ベイカー/金田章裕原書房この著者の新着メールを登録する発行年月:2009年09月登録情報サイズ:単行本ページ数:402pISBN:9784562091331【内容情報】(「BOOKデータベースより)著者は、北アメリカイギリス及びフランスの歴史学者や地理学者の研究成果に焦点をあてていて、歴史地理学と地理史の理論と実践について全世界的かつ学際的な視野をもっている。彼は、歴史学と地理学の関係を見る歴史学者の視点と、地理学と歴史学の関係を見る地理学者の視点で、立地の地理学と歴史学、環境の地理学と歴史学、景観の地理学と歴史学、地域の地理学と歴史学を考察している。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章,,,地理学と歴史学の関係について/第2章,,,立地の地理学と歴史学/第3章,,,環境の地理学と歴史学/第4章,,,景観の地理学と歴史学/第5章,,,地域の地理学と歴史学/第6章,,,考察【著者情報】(「BOOK」データベースより)ベイカー,アラン(Baker,Alan,,,R.H.)1938年イングランド東南端ケント州カンタベリーに生まれる。ロンドン大学ユニバーシティーコレッジで学び、1963年に博士号取得とともに同大学助手、翌年講師。1966年、ケンブリッジ大学に講師として転任。以来2000年までケンブリッジ大学地理学科、エマニエルコレッジに在職。この間、学科長、エマニエルコレッジ長代理を歴任。国際地理学会で中心的役割を果たす。イングランド荘園の研究、フランスの農村研究などに卓越した業績を残す金田章裕(キンダアキヒロ)大学共同利用機関法人・人間文化研究機構長、京都大学名誉教授博士(文学)。1946年富山県生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程を単位修得退学。京都大学教授、文学研究科長、副学長、理事などを経て、2008年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。本,,,,,gt,,,,人文・思想・社会,,gt, 地理,,gt, 地理(外国) 詳しくはこちら


nice!(0) 

書評で読む歴史学 [歴史学]

書評で読む歴史学 今谷明塙書房この著者の新着メールを登録する発行年月:2004年12月登録情報サイズ:単行本ページ数:267,ISBN:9784827311914【内容情報】(「BOOKデータベースより)元大蔵官僚の経歴をもつ歴史学界の異才が、一九九三年から二〇〇四年にかけて「朝日新聞」「中央公論」「エコノミスト」などに掲載した、大胆かつ痛快な書評の中から、選り抜きの一一〇篇+一篇を収載。さらに、書評担当としての舞台裏や、本書の書評(+一篇)も披露する。【目次】(「BOOK」データベースより)第1部一九九三~二〇〇〇年(肉食駆逐の過程、跡づける/見事な歴史家の実証―『江戸屏風絵』の作者と製作年代が確定/生活史から描く「室町」/ソ連邦崩壊踏まえて捧持した体系を検証ほか)/第2部二〇〇一~二〇〇四年(大正帝の“とかくの噂”を再検証する書/なぜ異なる速度で文明は発達したのか、分子生物学者が挑む/古地図使い西欧中心主義覆す/高弟に当たる碩学が語る研究者・教育者としての評伝ほか)【著者情報】(「BOOK」データベースより)今谷明(イマタニアキラ)1942年京都府に生まれる。1967年京都大学経済学部経済学科卒業。1976年京都大学大学院文学研究科博士過程単位取得退学。1987年京都大学より文学博士を授与さる。この間、大蔵省財務局事務官、京都大学文学部助手、国立歴史民俗博物館助教授、横浜市立大学教授を経て、現在、国際日本文化研究センター教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。本,,,,,gt,,,, 詳しくはこちら


nice!(0) 

20世紀日本の歴史学 [歴史学]

20世紀日本の歴史学 永原慶二吉川弘文館この著者の新着メールを登録する発行年月:2003年03月登録情報サイズ:単行本ページ数:362,ISBN:9784642077972【内容情報】(「BOOKデータベースより)激動の20世紀、日本の歴史学は何を問い、何をとらえ、自国と世界の歴史認識にどのような役割を果たしてきたのか。世界史の転換が進む現代、日本の歴史学のあり方と今日の課題を鋭く問い直す。【目次】(「BOOK」データベースより)1近代歴史学の成立(明治維新と日本史学/文明史・啓蒙主義歴史学の展開/近代実証主義歴史学の誕生/「欧米的近代への可能性」を歴史に探る/固有文化と社会・民衆の発見ほか)/2現代歴史学の展開(「戦後歴史学」の発想/マルクス歴史学への批判のなかから/高度経済成長と日本史学の転換/「近代」への批判と社会史研究/歴史の全体的把握を目指してほか)【著者情報】(「BOOK」データベースより)永原慶二(ナガハラケイジ)1922年中国大連市に生れ、三カ月後、東京に移り育つ。1944年東京大学文学部国史学科卒業。東京大学史料編纂所員、一橋大学教授、和光大学教授、日本福祉大学客員教授を経て現在、一橋大学名誉教授、和光大学名誉教授、経済学博士。この間、歴史学研究会委員長、日本学術会議会員、文化財保護審議会専門委員などを歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。本,,,,,gt,,,,人文・思想・社会,,gt, 歴史,,gt, 日本史 詳しくはこちら


nice!(0) 

日本歴史学界の回顧と展望(6) [歴史学]

日本歴史学界の回顧と展望(6) 商品副データ日本中世 1史学会山川出版社(千代田区)この著者の新着メールを登録する発行年月:1987年06月登録情報サイズ:全集・双書ページ数:558pISBN:9784634310605この商品の関連ジャンルです。本,,,,,gt,,,,人文・思想・社会,,gt, 歴史,,gt, 世界史 詳しくはこちら


nice!(0) 

現代歴史学の成果と課題(2) [歴史学]

現代歴史学の成果と課題(2) 商品副データ1980ー2000年国家像・社会像の変貌歴史学研究会青木書店この著者の新着メールを登録する発行年月:2003年02月登録情報サイズ:単行本ページ数:344pISBN:9784250202421【内容情報】(「BOOKデータベースより)国家論・権力論、社会関係論や歴史における地域、政治文化の問題など、最近20年間に展開を遂げた歴史研究の動向を位置づけ、今後の方向性を示す。【目次】(「BOOK」データベースより)1国家論・権力論(国家論・権力論の変貌/古代ギリシャの国家と共同体ほか)/2身分・社会関係・市民社会(身分、市民社会、国民/身分制における卑賎観念と穢れ意識―インドと日本の比較をとおしてほか)/3地域論・地域社会論(地域把握の方法/人と都市とネットワーク―イスラーム史における地域ほか)/4政治文化と民衆(政治文化、何がどう問題か/朝鮮の近代とその政治文化ほか)この商品の関連ジャンルです。本,,,,,gt,,,,人文・思想・社会,,gt, 歴史,,gt, 世界史 詳しくはこちら


nice!(0) 

日本歴史学界の回顧と展望(22) [歴史学]

日本歴史学界の回顧と展望(22) 商品副データヨーロッパ近代1 1949~70史学会山川出版社(千代田区)この著者の新着メールを登録する発行年月:1988年06月登録情報サイズ:全集・双書ページ数:430pISBN:9784634312203この商品の関連ジャンルです。本,,,,,gt,,,,人文・思想・社会,,gt, 歴史,,gt, 世界史 詳しくはこちら


nice!(0) 

名字の歴史学 [歴史学]

名字の歴史学 商品副データ角川選書奥富敬之角川書店/角川グループパブリッこの著者の新着メールを登録する発行年月:2004年03月登録情報サイズ:全集・双書ページ数:189pISBN:9784047033627【内容情報】(「BOOKデータベースより)世界に例を見ないほど数が多く、多種多様な日本の名字。歴史と文化に育まれてきた名字はどのように生み出され、現代に至ったのか。その変容を古代の氏姓制度、名字と地名の関係、明治の名字公称化などさまざまな角度から検証。名字の成り立ちやそこに込められた意味、特徴を探る。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章姓名は、天皇から賜わるもの(氏族をたばねた氏姓制度/天皇の権威を高めた賜姓ほか)/第2章名字は自分から名乗るもの(史料で見る名字と苗字/公家の名字、武家の名字ほか)/第3章姓名と名字の存続を決めるもの(賜姓によって行われる改姓/ときの権力によって左右される名字の存続ほか)/第4章実名の変遷(さまざまな実名/一族の絆を深める系字と通字ほか)【著者情報】(「BOOK」データベースより)奥富敬之(オクトミタカユキ)1936(昭和11)年東京に生まれる。早稲田大学大学院国史学科博士課程修了。日本中世史専攻。日本医科大学歴史学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。本,,,,,gt,,,,人文・思想・社会,,gt, 歴史,,gt, 伝記(外国詳しくはこちら


nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。